【2020年】茶臼山芝桜祭りの渋滞はゼロ?開花状況やアクセスを紹介

5,6月になると天気も良いので外に出掛けたくなりますよね。今回は愛知県の「茶臼山高原芝桜祭り」の紹介をさせて頂きます。こちらは大変キレイな芝桜を見ることが出来ることから人気のスポットになります。

例年ですと非常に混雑し、渋滞で2時間などということもありますが今年2020年はどうだったのか?6月現在の開花状況、渋滞やアクセスなどについて実際に行ってきたのでご紹介させて頂きます。よかったら参考にしてくださいね!

 

茶臼山高原 芝桜祭り

芝桜祭りは愛知県北設楽郡豊根村にある茶臼山で開催されています。冬場はスキー場として使われていますが、5,6月は芝桜の観光客で賑わいます。

標高1358メートルで萩太郎山の頂上付近に広がる色鮮やかな芝桜が特徴です。リフトで登った頂上に芝桜があるので天空の花畑のような感覚になります!

こちらがリフトの乗り場の施設になります。夏場はお土産や食事の施設、屋台などが並んでいます。スキー場は子供のための遊具施設やペットを放し飼いにして遊ばせることが出来る囲みなどがあります。

ペット連れのお客さんが多かったのでペットと遊びに行きたい方にとってもオススメの施設です。

 

芝桜を見るためにはリフトの利用は必要?

リフトを利用しなくても芝桜の鑑賞は可能です。

リフトを利用すると頂上までは大体12,3分。徒歩ですと上り20分から30分程度になります。

こちらがリフトの画像です。5,6月だと気温もちょうどよく気持ち良いのでリフトは利用することがオススメ。歩いて散歩したいという方は行きのチケットだけを購入し、帰りは徒歩で降りてくるという手もありです!

 

芝桜の開花状況は?2020年6月7日現在

芝桜の開花状況は6月7日の時点では見頃はほぼ終わっていました。

こちらが芝桜の画像になります。例年の見頃では6月の上旬までとなっているので今年は見頃が少し早かったのかもしれませんね。

何種類かの芝桜を植えることによって、見頃を長い期間楽しめるようにしているので一部の種類は開花しています。

スポンサーリンク

こちらの画像で確認するとまだ一部咲いていますね。だいたい3分咲き程度でしょうか?

もし1番見頃の時期に行きたいのであれば5月3,4周目あたりのほうが良さそうです。

 

人の数もそれほど多くありませんでした。茶臼山高原のマスコットキャラの「ぽんた」くんもマスクとアルコールで感染防止の対策が施されていました。

ちなみに施設にあるほとんどのぽんたくんにビニールシートでマスクが施されていました。これもお客さんへの感染防止意識を高めるためなのでしょうね!

 

茶臼山高原へのアクセスは?渋滞はほとんどない?

例年かなりの渋滞が起きますが、今年はコロナウイルス、見頃の終盤ということもあり渋滞はまったくありませんでした。また、駐車場は1番近い場所に止めることができました。

今年は駐車場の利用が特別に無料であったり、施設のお土産が半額以下になっていました。コロナウイルスの影響でなかなか客足は戻っていない印象でした。

 

茶臼山高原芝桜祭りのアクセスはこちらです。

住所:〒449-0405 愛知県北設楽郡豊根村坂宇場御所平70−185

アクセス

名古屋から:所要時間約2時間10分

豊橋から :約2時間

浜松から :約2時間

飯田から :約1時間半

中津川から:約1時間40分

山間部にあるのでアクセスはあまり良くないです。どこから訪れても時間はかかります。この所要時間プラス渋滞の状況になるので注意が必要です。

電車などはありません。バスツアーがあるのでそちらもご確認ください

 

まとめ

今回は「茶臼山高原芝桜祭り」の渋滞や開花状況やアクセスについて調べました。分かったことは、

・2020年はそれほど混雑していないので渋滞がほとんどなかった。

・開花状況は6月7日現在は3分咲き程度。満開が見たい場合は来年

・アクセスは山間部なのであまり良くない

芝桜が大変キレイな観光スポットになるので参考にして是非一度訪れてみて下さいね!

スポンサーリンク