ジブリの世界に迷い込む?多治見市モザイクタイルミュージアムの魅力

様々なタイルアートやアルバム、フォトフレームなどの体験もできることで人気の施設である岐阜県多治見市の「モザイクタイルミュージアム」

 

こちらを実際に訪れてみて、見どころや駐車場はあるの?など訪れるときに必要な事項を調査してきたのでまとめさせていただきました。今度行こうと考えている方は是非参考にしてみて下さい。

 

これはジブリの世界?モザイクタイルミュージアム

 

岐阜県多治見市はタイルの制作で有名な街であることから2016年6月にこちらの「モザイクタイルミュージアム」が出来ました。なので比較的新しい施設になります。

 

外観はまるでジブリの世界に来たかのようです!ジブリと何か関係があるのでしょうか?

 

調べてみましたがジブリと関係があるかは残念ながらわかりませんでした

 

ここではタイルの歴史やタイルアート、体験工房でオリジナルのタイルの小物を制作出来たり、ショップで購入も可能です。さらには家の外壁のタイルの発注などもできたりします。

ここからは施設の見どころを少し紹介させて頂きます!

まず入り口でチケットを購入後、一番最初に目にとまるのがこのタイルアートの自動車になります。タイルで制作されたものではなく、自動車の外側にタイルを貼り付けたものになっています。

よく見ると名前であったり、様々な絵を見ることができます。触っても大丈夫です。

順路に従い、1階から最上階に移動しました。最上階の屋上ではタイルアートを見ることができます。昔の銭湯のようなタイルアートやトイレなど様々なものを見ることができます。

 

 

こちらの画像も屋上の1枚になります。空に広がるようなタイルアートも見どころです。画像だと少し暗く見えますがここから見上げるタイル越しの空はとても輝いて見えました。

スポンサーリンク

 

屋上を一通り見たあとは3階、2階と見学しながら降りていきます。3階、2階はそれぞれ多治見市のタイルの歴史や家屋で使うことができるタイルを注文できるスペースなどがありました。

 

1階ではタイルの販売ショップと体験工房があります。体験工房はフォトフレームやハンガーなどの小物が制作できます。

受付時間 9:00~16:00
所要時間 約30分   体験工房で制作いただけます。
料金

500円

 

フォトフレームのタイルも作ってみましたが20分程度で作成することができました。料金も安く体験制作ができるのでとってもおすすめです。体験スペースは人が多く、大変賑わっていますよ

 

モザイクタイルミュージアムへのアクセス

公共交通機関

・多治見駅南口を出て、「多治見駅前」2番バスのりばから東鉄バス笠原線『東草口行き』または『羽根行き』に乗車、「モザイクタイルミュージアム」下車。(駅からの所要時間:約17分)

自動車

・多治見ICから約25分。 土岐南多治見ICから約15分

 

駐車場

多治見市笠原体育館との共有となっており、あまり多くないので第2駐車場などを使うことがお勧めです。

 

施設案内

☆開館時間

9時~17時(ご入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜日

☆施設利用料金

個人 310円

近隣にコンビニはある?

・セブンイレブン多治見笠原町神戸店 (モザイクタイルミュージアムから約700m)

  住所:岐阜県多治見市笠原町2802-4

・ファミリーマート多治見笠原町東店 (モザイクタイルミュージアムから450m)

  住所:岐阜県多治見市笠原町1456-3

こちらが最寄りのコンビニとなります。もしわからない場合はご活用下さい

 

まとめ

今回は岐阜県多治見市の「モザイクタイルミュージアム」の見どころやアクセス、施設についてを紹介させていだきました。様々なアートを見学できるのと体験工房も楽しい施設になるので是非一度伺ってみては如何でしょうか?

スポンサーリンク