【検証】別の人の彼女になったよの歌詞解釈は?CDTVライブで披露

6月22日に放送のTBS「CDTV ライブ!ライブ!」4時間スペシャルでwacciが演奏した「別の人の彼女になったよ」が話題になっていますね!

話題になった理由はどうやら歌詞の内容についてで視聴者の捉え方によって賛否両論、意見が真っ二つに別れるようです。そこで今回は、歌詞の内容についての検証、解釈をしてみました。良かったら読んでみて下さい。

もりあがっているコンサート

TBS「CDTV ライブ!ライブ!」4時間SPで「別の人の彼女になったよ」を披露

wacciが披露した「別の人の彼女になったよ」の動画はこちらになります!

すてきな演奏ですね!次に歌詞について検証していきしょう!

 

「別の人の彼女になったよ」の歌詞は新しい彼氏の自慢?それとも。。。

別の人の彼女になったよの歌詞

別の人の彼女になったよ
今度はあなたみたいに
一緒にフェスで大はしゃぎとかはしないタイプだけど
余裕があって大人で 本当に優しくしてくれるの

別の人の彼女になったよ
今度はあなたみたいに 映画見てても私より泣いてることなんてないし
どんなことにも詳しくて 本当に尊敬できる人なの

キスや態度だけで 終わらせたりせずに
ちゃんと「好きだ」という 言葉でくれるの
怒鳴りあいはおろか 口喧嘩もなくて
むしろ怒るとこが どこにもないの

だからもう会えないや ごめんね
だからもう会えないや ごめんね
あなたも早くなってね
別の人の彼氏に

別の人の彼女になったよ
あなたの時みたいに すっぴんだって笑っていられる私ではなくて
一生懸命お洒落して なるべくちゃんとしてるの

別の人の彼女になったよ
あなたの時みたいに 大きな声で愚痴を言うような私ではなくて
それをすると少しだけ 叱られてしまうから

夢や希望とかを 語ることを嫌って
ちゃんと現実をね 見つめていて
正しいことだけしか 言わないから
ずっとさらけ出せず おとなしくしてるの

だからもう会えないや ごめんね
だからもう会えないや ごめんね
あなたも早くなってね だけど私はズルいから

だからもう会いたいや ごめんね
だからもう会いたいな ずるいね
あなたも早くなってね 別の人の彼氏に
私が電話をしちゃう前に

こちらが「別の人の彼女になったよ」の歌詞となっています。
まず歌詞から分かることは、
・女性目線で歌詞が書かれている
ことです。wacciは男性ボーカル「橋口洋平」さんが担当しており、作詞・作曲も橋口さんが行っています。
なので男性目線かと思っていましたが、そうでないということが分かりました。

女性は新しい彼氏を自慢している?それとも後悔?

1番前半の歌詞だけを見ると、

新しい彼氏の良い部分を自慢していたり、元カレへの当てつけや不満だった部分を表現しているような印象を受けますね。

スポンサーリンク

この歌詞の新しい彼氏は愛情表現はしてくれるし、尊敬できる余裕のある大人の男性という感じで完璧な男性のように思えます。なので1番の歌詞のみを見るとこの彼女は新しい彼氏の自慢、元カレへのマウントをとっている、今のほうが幸せであるとアピールしているようにも感じます。

しかし2番に入ると歌詞の内容が変わります。

2番の最初の部分では彼女自身の変化についての歌詞になります。2番では元カレと付き合っている時に比べて、背伸びしているように感じます。

新しい彼氏は完璧な人です。当然彼氏自身が完璧な人であると彼女にも完璧を求めてしまいがちなところもあるでしょう。そんな彼氏の期待に答えよう彼女自身の気持ちや本心をさらけ出せずにいることを表現している歌詞になっているのではないでしょうか?

彼女はお互い意見や喧嘩を言い合える、素の自分でいられる関係をなつかしく思っており最後の歌詞が「だからもう会いたいやごめんね」となっているのでしょうか

他の男性と付き合ってみて初めて前の彼氏の良さがわかって寂しく思っているという歌詞の解釈を私ならしてしまいます。

SNS上の反応は?いい歌詞だと思う方が多数?

 

歌詞については賛否両論で良い歌詞だと思っている方もいる一方、嫌味に感じたり、新しい彼氏と向き合ったほうがいいなど助言の意見などもありました。

個人的には、歌詞のなかで彼女の心情の変化などが感じられる良い曲だと思いました。ただ、付き合っている女性がこうだと困りますけどね笑

まとめ

今回は、TBS「CDTV ライブ!ライブ!」4時間スペシャルでwacciが演奏した「別の人の彼女になったよ」の歌詞の解釈について検証してみました。わかったことは、

・歌詞は女性目線で書かれている

・歌詞についてSNS上では賛否両論。

・彼女は元カレへの嫌味を言っているのではなく未練を抱いている。

良い曲だと思いました!wacciの他の曲も聞いてみたいと思いました。今回は以上です。

スポンサーリンク